連帯経済情報@日本語

Archive for the ‘日本国内情報’ Category

さて、大阪市内で3月25日(土)に、「社会的連帯経済をめざして」というシンポジウムが開催されるという情報が入ってきましたので、こちらでもお伝えしたいと思います。ご参考になれば幸いです。

http://www.ols-associe.or.jp/408/

3月25日シンポジウム式次第
開場 12時30分 / シンポジウム開始 13時
司会 細野直也

大阪労働学校アソシエ学長挨拶 本山美彦
主催団体挨拶(シンポジウム開催の目的) 津田直則

パネルディスカッション
進行係 津田直則
パネラー(大阪広域ネットワークより)
連帯労組関西地区生コン支部執行委員長・
中小企業組合総合研究所代表理事
武 建一
パネラー(東海三県ネットワークより)
地域と協同の研究センター専務理事
向井 忍
パネラー(新潟県ネットワークより)
にいがた協同ネット代表・新潟大学教授
渡邊 登
ささえあいコミュニティ生協理事長・
日本高齢者生協連合会会長
高見 優

休憩
質問・討論
終了(しめの挨拶)
山元一英 16時

開催場所:大阪労働学校・アソシエ(学働館・関生) 大阪市西区川口2-4-2
主催団体:大阪労働学校アソシエ・社会的連帯経済研究会
共催団体:ソウル宣言の会・関西

フェアトレードの推進などに積極的な自治体に対してはフェアトレードタウンという認証が行われています。全世界で2280都市がある一方で、ア ジアでは2011年に熊本市が認定されただけという状況が続いていましたが、この9月に名古屋市が日本で、そしてアジアで2番目のフェアトレードタウンに 認定されたというニュースが入ってきましたので、こちらでもご紹介したいと思います。

行政がフェアトレードタウンとして認定されると、市内におけるフェアトレードの推進活動が大幅に活性化されます。他の街でもフェアトレードタウンを目指した運動が行われているようですが、日本でももっと広がることを期待してやみません。

ブラジル最南部ポルトアレグレ都市圏にあるUnisinos大学のルイス・イナシオ・ガイゲル教授が、京都と東京で講演を行うというニュースが入りましたので、早速シェアいたします。お時間の都合がつく方は、ぜひともご参加いただければ幸いです。

京都(詳細はこちらのリンクで)
日時:12月14日(月)17時30分~19時30分
場所:同志社大学今出川キャンパス 志高館 SK102
課題:連帯経済の概念とその構図-南北アメリカに焦点を当てて
講師:ルイス・イナシオ・ガイガル(ヴァーレ・ド・リオ・ドス・シノス大学 ・人文科学センター教授)
ホセ・ホルヘ・サンティアゴ(メキシコ先住民経済社会開発市民協会理事長)
使用言語:英語とスペイン語(スペイン語は逐次通訳あり)
お問い合わせ:ji-amekn@mail.doshsha.ac.jp

東京(詳細はこちらのリンクで)
日時:12月17日(木)17時30分~19時30分
場所:上智大学 中央図書館8階 821会議室
課題:ブラジルおよび世界で展開する連帯企業の実践と制度化―その分析モデルの構築をめざして
講師:ルイス・イナシオ・ガイガル(ヴァーレ・ド・リオ・ドス・シノス大学人文科学センター教授)
使用言語:英語(逐次通訳あり)
お問い合わせ:ibero@sophia.ac.jp

さて、2013年と2014年の11月に韓国のソウル市で開催された社会的経済国際フォーラムですが、第3回は来年9月7日(水)から9日(金)にかけて、カナダのモントリオール市で開催されます。ホームページがこのほど公開されましたので、ここでもご紹介したいと思います(英語、フランス語、スペイン語)。

http://www.gsef2016.org/

このイベントでは、みなさんが実施中の社会的連帯経済のさまざまな取り組みを紹介することもできます(締切2016年1月3日)。詳細についてはこちら(英語版)をご覧ください。

モンドラゴン大学の学生を迎えて、興味深いワークショップが開催されます。

参加希望の方は下記へご連絡ください。

申し込み先:熊倉 yulie.kk@gmail.com

*****

ワークショップ「チームでバイトを作ろう!? Dreamstorm Innovation Workshop」

企画:マット・ノイズ(Matt Noyes, 明治大学経営学部)

ヨン・アンデル・ムサタディ(Jon Ander Musatadi, JAM Global)

熊倉ゆりえ(明治大学商学部)

①2015年11月16日(月) 18:30~21:00 

・対象:大学生

・場所:明治大学和泉キャンパスメディアタワー604教室(京王線/井の頭線 明大前駅 徒歩5分)

・趣旨:多くの学生は経済的な事情からアルバイトを余儀なくされ ている。学業とは別に、学生自身がパートタイムの仕事ができる協同組合等を起業することは可能だろうか?個人ではなくチームで起 業することは?そうした可能性を探る参加型ワークショップ。

②2015年11月22日(日) 10:00~15:00 

・対象:①に参加した学生でもっと学びたい人、協同組合等の実践 家、退職後の仕事おこしに関心のある人等 

・場所:明治大学駿河台キャンパスリバティタワー1064教室(各線 御茶ノ水、新御茶ノ駅、神保町駅)

・趣旨:チームで起業することとは?既存の協同組合のイノベー ションとしての企業内起業は可能か?また、職業生活からの退職期にある労働者にとって、リタイア後の生活を安定させるために、せ めてパートタイムの仕事を起こすことは可能だろうか?そうした可能性を探る参加型ワークショップ。

言語:オーガナイザーのJon Ander Musatadiは英語。必要に応じて随時日本語通訳を予定。

申し込み先:熊倉(yulie.kk@gmail.com)

さて、寡聞にして知りませんでしたが、この4月より法政大学に連帯社会研究交流センターおよび連帯社会インスティチュートができるようです。

http://recss.jp/index.html

同インスティテュートでは、協同組合やNPOについて学べる修士課程を開設するということです。私が知る限り、今まで日本国内では協同組合について勉強できる機関がなかったので、大きな一歩だと言えるでしょう。ただ、世界的な社会的連帯経済全体の枠組みを取り扱っているわけではないので、個人的にはそのあたりについても取り扱う授業を設けてほしいと思いますが…。なお、修士課程の詳細についてはこちらをどうぞ。

http://www.hosei.ac.jp/documents/gs/nyushi/annai/rentai.pdf

さて、今回は珍しく、日本国内のイベント情報をお伝えしたいと思います。

ワーカーズ・コレクティブ(労働者協同組合)については、2年に1回の頻度で全国会議を行っていますが、2月8日(土)および9日(日)に大阪で全国会議が行われることになりました。

  • 日時: 2月8日(土) 13:30~17:00(その後18:00~20:00懇親会)、2月9日(日) 10:00~12:00
  • 会場: 大阪市立大学 杉本キャンパス(大阪市住吉区杉本3−3−138 ‎ 、JR阪和線杉本町駅下車すぐ)
  • 参加費: 3500円
  • 懇親会参加費: 3000円
  • お弁当+お茶(2月9日): 700円
  • お問い合わせ先: ワーカーズ・コレクティブ ジャパン
    電話: 03-3325-3720、FAX: 03-3207-1945、電子メール: office@wnj.gr.jp
    詳細情報: http://wnj.sakura.ne.jp/cont/action.html#140208-8

日本国内の連帯経済の重要な担い手であるワーカーズ・コレクティブの現状がわかる貴重な機会ですので、特に関西在住者で時間の都合がつく方は、ぜひご参加されてはいかがでしょうか?



  • 鶴岡達也: 初めましてこんにちは。 たまたまこちらの記事にたどり着いたのですが、地域通貨の国際大会が行われたと知
  • トラネコ (@Toraneko280): 政治が無策でも世界は手を差し伸べてくれる。大航海時代を開いたポルトガルは不思議に日本的な部分が有る。
  • ほんだ さちよ: すごくおもしろい企画ですね。わたしはベルギー在住ですが、ベルギーでも農業という形で受け入れてくれると