連帯経済情報@日本語

ポルトガル・リスボンで9月4日(月)~8日(金)に連帯経済のサマースクールを開催

Posted on: 3月 12, 2017

さて、ポルトガルの首都リスボン市内で、9月4日(月)~8日(金)の予定で連帯経済のサマースクールが開催されるという情報が入ってきましたので、こちらでもお届けしたいと思います。

http://www.ces.uc.pt/cessummerschool/index.php?id=15858&via=ci&id_lingua=1  (英語)

このサマースクールでは、連帯経済関連の修士課程があるリスボン高等技術学院(ISTEC)やコインブラ大学の教授陣を中心として、連帯経済の分野でかなり重要な教授が教鞭を取るほか、リスボン市内における連帯経済の事例訪問も充実しています。また、国際労働機関(ILO)のサマースクールと比べると受講料が比較的安くなっており(6月10日までの申し込みの場合、学生350ユーロ、一般400ユーロ: ILO系では1500ユーロぐらい取る)、使用言語も現地のポルトガル語ではなく英語となっていることから、比較的日本の方にも参加しやすい内容になっているかと思います。

ポルトガルを中心とした連帯経済の枠組みを知るだけでなく、これら教授陣やクラスメートと中長期的な関係が築ける機会でもありますので、もし可能であれば日本からもどなたかご参加されることを強くお勧めします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


  • 鶴岡達也: 初めましてこんにちは。 たまたまこちらの記事にたどり着いたのですが、地域通貨の国際大会が行われたと知
  • トラネコ (@Toraneko280): 政治が無策でも世界は手を差し伸べてくれる。大航海時代を開いたポルトガルは不思議に日本的な部分が有る。
  • ほんだ さちよ: すごくおもしろい企画ですね。わたしはベルギー在住ですが、ベルギーでも農業という形で受け入れてくれると
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。