連帯経済情報@日本語

カナダ・ケベック州などが発行した「社会的経済参照ガイド」(英語・フランス語)

Posted on: 7月 22, 2015

さて、カナダ・ケベック州が最近編纂した「社会的経済参照ガイド」をご紹介したいと思います。ご存じの通り、通常ケベック州ではフランス語のみが使われており、社会的経済に関する資料も大半がフランス語のみであることを考えると、英語でも刊行されているこのガイドは、ケベック州の実情を知るうえで貴重な資料となるかと思います。

このガイドでは、社会的経済の定義、形態、ケベックにおける歴史や現状などが、簡潔に紹介されています。来年はケベック州で協同組合の会議と社会的経済フォーラムが開催されるということで、例年に増して社会的経済部門でケベック州の存在感が国際的に増すものと思われますが、これら会議に参加される場合、あるいは別件で北米(カナダあるいは米国)の別の街を訪問するついでにケベックに立ち寄る際の、下調べの資料としてお役に立てば幸いです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


  • 鶴岡達也: 初めましてこんにちは。 たまたまこちらの記事にたどり着いたのですが、地域通貨の国際大会が行われたと知
  • トラネコ (@Toraneko280): 政治が無策でも世界は手を差し伸べてくれる。大航海時代を開いたポルトガルは不思議に日本的な部分が有る。
  • ほんだ さちよ: すごくおもしろい企画ですね。わたしはベルギー在住ですが、ベルギーでも農業という形で受け入れてくれると
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。