連帯経済情報@日本語

ブラジル・フォルタレザ市のパルマス銀行、サッカーワールドカップの時期に複数のイベントを開催

Posted on: 10月 2, 2013

さて、ブラジルはフォルタレザ市でマイクロクレジットや地域通貨を実践しているパルマス銀行が、来年6月のサッカーワールドカップ(同市でも3試合行われる)の時期に合わせて連帯経済見本市など複数のイベントを行うという情報が入ってきましたので、ご紹介したいと思います。こちらのリンクで、同銀行の創設者ジョアキン・メ ロ氏のメッセージがご覧いただけます(ポルトガル語+英語字幕)。

ご参考になれば幸いです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


  • 鶴岡達也: 初めましてこんにちは。 たまたまこちらの記事にたどり着いたのですが、地域通貨の国際大会が行われたと知
  • トラネコ (@Toraneko280): 政治が無策でも世界は手を差し伸べてくれる。大航海時代を開いたポルトガルは不思議に日本的な部分が有る。
  • ほんだ さちよ: すごくおもしろい企画ですね。わたしはベルギー在住ですが、ベルギーでも農業という形で受け入れてくれると
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。