連帯経済情報@日本語

Archive for 10月 2013

さて、ケベック州議会が社会的経済法を全会一致で可決したというニュースが入りましたので、こちらでもご紹介したいと思います。

http://www.chantier.qc.ca/?module=document&uid=2008 (フランス語)

正式な条文が手に入り次第、私のほうでもその内容をお伝えしたいと思いますが、ご参考になれば幸いです。

広告

さて、今回は日本にも関係ある国際ニュースをお伝えしたいと思います。国連内に社会的連帯経済推進委員会が発足されました。

詳細情報(英語): http://www.unrisd.org/80256B3C005BE6B5/search/D383EB2BF07FF084C1257BFA00420698?OpenDocument

今後は国連内の各機関と調整して社会的連帯経済を推進してゆくということですが、国連内で認知されるようになったことから、今後は国連加盟国である日本国内でも、「国連が推進している社会的連帯経済」ということができると思います。日本国内での社会的連帯経済の推進にも役に立てばと思いますが…。

さて、11月5日(火)~7日(木)の日程で韓国ソウル市で開催される国際社 会的経済フォーラムの情報が日本語で入ってきましたので、お届けしたいと思います。 こちらをクリックしてダウンロードしてください

韓国については、2007年に社会的企業育成法が、そして2012年には協同組合法が成立し、市民運動出身で社会的連帯経済にも深く携わってきた朴元淳(パ ク・ウォンスン)氏がソウル市長になっていることから、さまざまな面白い取り組みが始まっています。フォーラム自体は英語と韓国語のみですが、ご興味の ある方は参加されるとよいかもしれません。

さて、ブラジルはフォルタレザ市でマイクロクレジットや地域通貨を実践しているパルマス銀行が、来年6月のサッカーワールドカップ(同市でも3試合行われる)の時期に合わせて連帯経済見本市など複数のイベントを行うという情報が入ってきましたので、ご紹介したいと思います。こちらのリンクで、同銀行の創設者ジョアキン・メ ロ氏のメッセージがご覧いただけます(ポルトガル語+英語字幕)。

ご参考になれば幸いです。



    • 鶴岡達也: 初めましてこんにちは。 たまたまこちらの記事にたどり着いたのですが、地域通貨の国際大会が行われたと知
    • トラネコ (@Toraneko280): 政治が無策でも世界は手を差し伸べてくれる。大航海時代を開いたポルトガルは不思議に日本的な部分が有る。
    • ほんだ さちよ: すごくおもしろい企画ですね。わたしはベルギー在住ですが、ベルギーでも農業という形で受け入れてくれると