連帯経済情報@日本語

Archive for 9月 2013

さて、毎年11月末頃に香港で開催されている社会的企業サミットですが、詳細が公開されましたのでご紹介します(英語・繁体中国語)。

http://www.ses.org.hk/

11月29日(金)と30日(土)にサミット本体が開催され、翌12月1日(日)は実例の視察というスケジュールになっています。今年は例年と比べると、ワークショップを重視した内容になっているようです。また、参加費は一般が800香港ドル(日本円で1万円強)で、11月1日以降に申し込んだ場合には1000香港ドル(日本円で1万3000円程度)になります。

この会議では英語・広東語そして北京語の3ヶ国語の通訳がつくということですが、漢字文化圏ですので特に資料に関しては、比較的日本の方でも理解し やすいのではないかと思います。ご都合のつく方は、香港まで足を運ばれるのも よいかと思います。

広告

さて、生協総研主催で9月28日(土)に東京で全国研究集会が開催されるという情報も入ってきましたので、ご紹介したいと思います。ご参考になれば幸いです。

詳細・参加申し込み情報など: http://www.ccij.jp/activity/zenkoku130801_01.html

公益財団法人 生協総合研究所 第23回全国研究集会のご案内
テーマ:経済社会構造と消費者の変化に生協は応えているか
-生協の新たな価値創造に向けて-

生協の組合員は、かつてはライフスタイルの似た人々がその大きなボリュームを占めていました。しかし、今日、組合員のくらし・価値観・ラ イフステージの多様化は各種の研究調査からも明らかとなっています。このような大きな消費者ニーズの変化に対して、生協は応えられているでしょうか。生協 の商品、そして生協という存在そのものに何を求められているのでしょうか。

そこで今回の研究集会では、まず日本の社会経済や人口動態の変化を俯瞰し、次いで生協が直面する厳しい状況をデータからくみ取ることにします。その上で、コープさっぽろと大阪いずみ市民生協での地域社会における生協の実践と取り組みを踏まえ、今後の生協事業と組合員のくらしを どのようにつなぐのかをめぐり、議論する機会にしたいと考えています。

● 日時: 2013年9月28日(土)10:00~16:30
● 会場:
明治大学駿河台キャンパス リバティタワー1F
リバティホール(東京都千代田区神田駿河台1-1)(地図をご覧ください)
■JR 中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3分
■東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩5分
■都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩5分

さて、今回は日本国内で開催されるイベント情報が入ってきましたので、それをこちらでもご紹介したいと思います。

2007年に社会的企業育成法が成立した韓国では、昨年協同組合法も成立し、また首都ソウル市では朴元淳市長の下で社会的連帯経済の支援関連のプロジェクトが進むなど、目覚しい動きが続いています。そんな韓国に詳しい丸山茂樹氏が、韓国の最新事情を紹介するイベントです。東京でのイベントなので地方の方は参加が難しいかと思いますが(将来的にはこういうイベントもネット中継されるようになるとありがたいのですが)、ご参加可能な方はぜひ足を運んでみてください。

「自立的技術・経済の研究会」第16回研究会案内

<と き> 9月15日(日) 13:30 ~ 17:00
<ところ>國學院大學渋谷キャンパス若木タワー5階大学院演習室502教室)
   http://www.kokugakuin.ac.jp/guide/access_shibuya.html
<内 容>
『エコロジカルな非営利・協同セクター形成の実践と課題
  ―韓国ソウル市の政策展開の事例を手掛かりに―』
*話題提供:
 丸山茂樹さん(JC総研・参加型システム研究所 客員研究員)
*内容…産業社会文明を超える試みは、その社会組織の創造と共にオルタナティブないし適正な科学技術による経済の改変の両面から考える必要がある。
前者を考える手がかりとして今実践されつつあるソウル市の政策と市民社会の呼応の現況を紹介しつつ、その理論的、歴史的意味について考察したい。
・参考文献として、津田直則『社会変革の協同組合と連帯システム』
     (晃洋書房、2012年8月)
・コメンテイター;古沢広祐、丸山真人
<資料代> 500円 【國學院大學関係者、および学生無料】
<連絡> 学会・研究会の方は直接会場にお出でください。
学会・研究会外の方は、下記のどちらかにご一報下さい。
古沢:furusawa@kokugakuin.ac.jp
内藤:michigan@ca2.so-net.ne.jp



    • 鶴岡達也: 初めましてこんにちは。 たまたまこちらの記事にたどり着いたのですが、地域通貨の国際大会が行われたと知
    • トラネコ (@Toraneko280): 政治が無策でも世界は手を差し伸べてくれる。大航海時代を開いたポルトガルは不思議に日本的な部分が有る。
    • ほんだ さちよ: すごくおもしろい企画ですね。わたしはベルギー在住ですが、ベルギーでも農業という形で受け入れてくれると