連帯経済情報@日本語

ソウル市が協同組合の育成のための意欲的な計画を発表

Posted on: 2月 15, 2013

ソウル市が協同組合の育成のための意欲的な計画を発表というニュー スが入ってきましたので、こちらでもお伝えしたいと思います。10年 間で8000組合を創設し、14兆3700億ウォン(約1兆2370億円)の売上高で、ソウル市内の総生産のうち5%を協同組合セクターが占めるようにしたいということです。

ソウル市としては、5月に協同組合総合支援センターを設立した上で医療や住宅、工芸品などの分野で特にこの協同組合を推進したいということです。今後が楽しみですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


    • 鶴岡達也: 初めましてこんにちは。 たまたまこちらの記事にたどり着いたのですが、地域通貨の国際大会が行われたと知
    • トラネコ (@Toraneko280): 政治が無策でも世界は手を差し伸べてくれる。大航海時代を開いたポルトガルは不思議に日本的な部分が有る。
    • ほんだ さちよ: すごくおもしろい企画ですね。わたしはベルギー在住ですが、ベルギーでも農業という形で受け入れてくれると
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。