連帯経済情報@日本語

英国ブリストル市の新市長、給料を地域通貨建てで受け取ると宣言

Posted on: 2月 10, 2013

さて、ガーディアン紙によると、英国ブリストル市の新市長が、給料を地域通貨ブリストル・ポンド建てで受け取ると宣言したようです。

http://www.guardian.co.uk/uk/2012/nov/20/mayor-salary-bristol-pounds?CMP=twt_gu

ブリストル・ポンドは昨年9月に立ち上がった地域通貨で、かなり活発に動いているようです。詳細についてはこちらでご覧いただけます(英語)。

http://bristolpound.org/

日本でもどこかの市長さんが、地域通貨で給料を受け取ると宣言するようになればいいのですが…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


    • 鶴岡達也: 初めましてこんにちは。 たまたまこちらの記事にたどり着いたのですが、地域通貨の国際大会が行われたと知
    • トラネコ (@Toraneko280): 政治が無策でも世界は手を差し伸べてくれる。大航海時代を開いたポルトガルは不思議に日本的な部分が有る。
    • ほんだ さちよ: すごくおもしろい企画ですね。わたしはベルギー在住ですが、ベルギーでも農業という形で受け入れてくれると
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。