連帯経済情報@日本語

スペインで2011年3月に社会的経済法が可決

Posted on: 4月 27, 2011

かなり情報を伝えるのが遅れてしまいましたが、スペインで去る3月17日に社会的経済法が可決・施行されました。

条文(スペイン語): http://www.boe.es/boe/dias/2011/03/30/pdfs/BOE-A-2011-5708.pdf

現在、条文を日本語に翻訳中(作成中の訳文はこちらを参照)ですが、とりあえず概要を示したいと思います。

前文: やたらと長いが、欧州諸国などにおける社会的経済の歴史や法律の内容について解説しているものなので、特に重要ではない。

第1条: この法律の目的(社会的経済の構成団体や、政府としての支援について)
第2条: 定義。社会的経済について、「民間部門において、第4条でまとめられている原則に従って、構成員全体の利益に加えて経済的利益一般、あるいはその両方を追求する一連の経済・企業活動」と定義。
第3条: 法律の適用範囲: スペイン全土。
第4条: 原則。a)人間や社会的目的が資本に優先、透明で民主的なけいえいなど。b)基本的に働きに応じた賃金制度。c)内部での連帯、地域発展、男女平等、尊厳のある雇用など。d)公共部門からの独立。
第5条: 社会的経済の担い手。協同組合、財団、共済組合、NPOに加え、普通の民間企業であっても第4条の原則で機能しているものであれば社会的経済の担い手として認められる。
第6条: 労働移民省は、社会的経済の担い手についての一覧表を作成し、随時更新する。
第7条: 業界団体の編成について。
第8条: 社会的経済の推進と普及についての行政の政策について。障害の除去、人材養成、社会的経済を推進する環境づくり、失業者などの関与、
第9条: 社会的経済推進評議会についてと、その役割。社会的経済についての報告書作成、プロジェクトや法制度などついて社会的経済の担い手に報告など。

追加条項もありますが、法令とは直接関係ないので、とりあえず省略いたします。連休中には本文を訳出したいと思いますので、それまで今しばらくお待ちくださいませ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


  • 鶴岡達也: 初めましてこんにちは。 たまたまこちらの記事にたどり着いたのですが、地域通貨の国際大会が行われたと知
  • トラネコ (@Toraneko280): 政治が無策でも世界は手を差し伸べてくれる。大航海時代を開いたポルトガルは不思議に日本的な部分が有る。
  • ほんだ さちよ: すごくおもしろい企画ですね。わたしはベルギー在住ですが、ベルギーでも農業という形で受け入れてくれると
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。