連帯経済情報@日本語

連帯経済のブログ@ルクセンブルク(仏語・独語)

Posted on: 11月 16, 2010

ルクセンブルクは欧州でも小さな国の部類に入りますが(人口約50万人、面積は神奈川県程度)、連帯経済の世界的ネットワークRIPESSの第4回会議が昨年4月に同国で開催されたこともあり、連帯経済関係のネットワークが比較的整っている国です。今回はこのルクセンブルクから、連帯経済に関する情報を発信しているブログをご紹介したいと思います。

http://www.ecosol-online.lu/ (フランス語・ドイツ語)

ルクセンブルクは、フランスとドイツにはさまれた場所に位置することもあり、同国では地元のことばであるルクセンブルク語に加え、フランス語とドイツ語が幅広く通じます。このことから、同じ新聞の中にフランス語とドイツ語の記事が混ざっていることも少なくありません。とはいえ、同国の公式文書はフランス語で書かれていることから、フランス語の記事のほうが多いと言えます。

また、登録すれば、このブログの内容を受信することもできます。こちら(フランス語)から登録作業を行ってください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


  • 鶴岡達也: 初めましてこんにちは。 たまたまこちらの記事にたどり着いたのですが、地域通貨の国際大会が行われたと知
  • トラネコ (@Toraneko280): 政治が無策でも世界は手を差し伸べてくれる。大航海時代を開いたポルトガルは不思議に日本的な部分が有る。
  • ほんだ さちよ: すごくおもしろい企画ですね。わたしはベルギー在住ですが、ベルギーでも農業という形で受け入れてくれると
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。